スーツのボタンの留め方のマナー(女性編)




ビジネスシーンでの

男性でのボタンマナーに

アンダーボタンマナー

というものがありますが

では女性の場合はどうなんでしょうね?

 

きちんと着こなしていると

今後の印象もかなり変わること

間違いなしです。

 

 

ボタンはすべて留めるのが基本


女性用スーツのボタンですが、ボタンの数に関係なく

基本的にはボタンをすべて留めてしまいます。

 

よく

「一番下のボタンだけを外す」

とありますが、これは男性用スーツの着こなしのことです。

 

 

座るときのボタンマナー


女性用スーツは座るときもボタンをすべて留めてください

男性用スーツは座るときにボタンをすべて外しますが、

女性用スーツについてはどのタイプのスーツでも

ボタンはすべて留めておくのが基本になります。

 

確かに椅子に座ったときは、

一番下のボタンを外すと見た目がよくなります。

しかし面接時に止めたり外したりは難しいことですので、

すべて留めた状態がお勧めです。

 

ボタンの数で印象は変わるもの?


☆ボタンが3つ場合

デザインがベーシックなものが多く、

真面目で誠実な印象

付けやすくなると言われています。

 

公務員や銀行・医療関係などの

誠実さが求められる企業向きかもしれません。

 

☆ボタンが2つの場合

女性用スーツの主流で、

そつなくまとまった印象になり

オススメです。

 

どの職種の面接でも対応可能

迷ったら2ボタンがお勧めです。

 

☆ボタンが1つの場合

カジュアルさがやや強く

元気でフレッシュな印象に。

 

ファッション業界、IT業界などの企業

でお勧めです

 

 

最後に・・・


なにげに女性用スーツの着こなし1つで

印象が変わるものです。

 

ボタンの数などにも気を付けて

演出したい自分になれるものを

着こなしてみましょう

ボタンをすべて留めて、

座った時に変なたるみが出ないか

などチェックも忘れずに。




トップページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA